2012年12月12日

毎日ヴィトンショップに入り浸っていたい

バッグだけではなく、色々な小物をヴィトンで揃えたいという願望は、私だけではないはず。

幸い私は六本木に住んでいるので、
ヴィトンが近いので、
ついつい毎日通ってしまっています。

実際に手に取ってみるのですが、
それでもスタッフさんは優しく迎えてくださいます。

そのホスピタリティもヴィトンのブランド性を感じさせてくださいます。

ああ、
埋もれていたい。
posted by brand-G at 11:34| 日記